【初心者向け】仮想通貨 ステーキング・レンディング おすすめ3選【利率・安全面で国内外サービスを徹底比較】

仮想通貨

 

ステーキングやレンディング始めてみたいけど、結局どこのサービスがいいの?

こんな悩みにお答えします。

 

結論を先に言うと、以下でOK!
ビットコイン、イーサリアム
FTX Earn+ビットレンディング
ステーブルコイン(USDC等)
⇒Bybit+ビットレンディング 
利率がもっと高いサービスもありますが、安全面、コストを考えると
現時点ではこの3社で間違いないです。理由はあとで詳しく解説していきます。

管理人プロフィールはこちら

FTX Earnを始めるには、FTX Japanでの口座開設が必要です。

\取引開始まで最短5分!/
FTX Japanで無料口座開設

FTX Earnの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

ビットレンディングを始めるにはこちらから↓

\国内最高利率8%でビットコインが増える/
ビットレンディングに無料登録

ビットレンディングの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

Bybitでステーキングを始めるにはこちらから↓

Bybitでの積立ステーキングの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

本記事の内容

この記事でわかること

レンディング・ステーキングとは
レンディング・ステーキングのサービスを選ぶ際に大事なポイント
国内外のレンディング・ステーキングサービスおすすめ3つ
レンディング・ステーキングサービスの始め方・やり方

レンディング・ステーキングとは

「ステーキング」「レンディング」は、一定期間自分が保有している仮想通貨を預ける(ステーキング)、貸し出す(レンディング)ことで、ブロックチェーンの運用に貢献して、その報酬として仮想通貨がもらえるサービスです。

レンディング・ステーキングがいま注目される理由

仮想通貨は冬の時代と言われます。ビットコインも2021年12月以降に急落し、仮想通貨市場は冷え込みまくっているのが現状。再び上昇するタイミングは早くて2023年からと言われ、2022年はまだまだ下げる可能性がありそうですね。

ビットコイン(BTC)対日本円のチャート

仮想通貨への投資には、保有している通貨を売却することで得られる売買差益(キャピタルゲイン)とともに、資産を保有することで安定的・継続的に受け取れる利益(インカムゲイン)もあります。その中でも「ステーキング」や「レンディング」は仮想通貨を長期保有することで、自分の資産を動かさずに増やすことができ、安定して収益を得られるサービスとして、注目が高まっているんです。

レンディングとステーキングとの違い

ステーキングとレンディングの違いなど、もっと詳しく知りたい人はこちらの記事をどうぞ↓

レンディングステーキング
預け先・仮想通貨取引所
・機関投資家・投資会社など
ブロックチェーン
(のネットワーク)
状態預けている保有したまま
預け入れ期間中
の引き出し
制限あり制限なし
保有数量制限あり制限なし
金利固定変動
レンディングとステーキングとの違い

ステーキングは、仮想通貨を保有することでブロックチェーンから報酬を得るのに対し、レンディングは、保有者が取引所・機関投資家に仮想通貨を貸し出すという違いがあります。

そして、大きな違いは、⓵引き出し制限があるか、②利率が固定or変動

レンディングは引き出し制限が掛かる分、利率がやや高め。
そして、金利が固定であるため、基本は「勉強不要」「ほったらかし」でOK。

ただ、最近は一概には言えず、各社サービスによって対象の仮想通貨、条件も異なるので、
利用する前にきちんと情報収集することが大切です。

国内外のレンディング・ステーキングサービス 徹底比較

レンディング・ステーキングのサービスを選ぶ際に大事なポイント

各社サービスを選ぶ際に、まずは以下2つのポイントが最重要です。

①利率の高さ(1%~10%超と各社大きく異なる)
②安心感・信頼性(預けたお金がちゃんと戻ってくるか、倒産、ハッキング、詐欺等はないか)

この2つのポイントで、レンディング・ステーキングのサービスを徹底比較してみました。

利率の高さ

まずはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)で利率を比較してみました。

国内・海外サービスBTCETH
国内FTX Earn8%8%
国内ビットレンディング8%8%
国内HashHub3%5.5%
国内コインチェック最大5%最大5%
国内GMOコイン最大3%最大3%
国内bitbank最大3%最大3%
国内BITPOINT最大2%最大2%
海外Binance最大5%最大5%
海外Bybit最大4.5%最大1.8%
ビットコイン(BTC)利率比較

FTX Earnビットレンディングの8%が最高利率!
ちなみにFTX Earnは10,000ドル=140万円まで8%が適応されます。

次に、ステーブルコインのUSDTとUSDCで利率を比較してみました。

国内・海外サービスUSDTUSDC
国内FTX Earn
国内ビットレンディング8%8%
国内HashHub4%
国内コインチェック
国内GMOコイン
国内bitbank
国内BITPOINT
海外Binance最大8%
海外Bybit最大12%最大4.5%
ステーブルコイン(USDT・USDC)の利率比較

ちょっと解説しておくと、ステーブルコインは、法定通貨に価値が連動した仮想通貨のこと。じつは国内取引所ではステーブルコインを取り扱えません。法的に「法定通貨と価値が連動したステーブルコインは暗号資産ではない」とされているからです。

というわけで、国内取引所では取り扱いがないため、レンディング・ステーキングする場合の選択肢はレンディング専門サービス、もしくは海外取引所になります。

結論としては、Bybit最大12%がダントツ!次点はビットレンディングBinanceあたり。

ちなみにBybit1,000USDTまで12%が適応されます。

Bybitでの積立ステーキングの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

それでは、利率の高かった各サービスの「安心感」「信頼性」を見ていきましょう。

安心感・信頼性

取引所の信頼性を見る上で、CoinGeckoが提供する「トラストスコア」がとても頼りになります。
各取引所からの報告ベースの取引高データだけでなく、サイトの訪問数や事業規模、セキュリティなど、より複合的なデータをもとに作成されたスコアです。

CoinGeckoトラストスコア

CoinGecko 信用スコア

BinanceFTX EarnBybitは信用スコアも非常に高いですね!
CoinGeckoでのスコアが高ければ絶対大丈夫というわけではありませんが、一つの基準になるので、是非参考にしてみてください。

レンディング専門サービスの信頼性を見る場合は、運営会社のホームページやネット上の評判から確認していく以外方法はありません。ビットレンディングの信頼性はこの記事にも書きましたが、運営母体の株式会社J-CAM仮想通貨専門メディア「月刊暗号資産を発刊し、仮想通貨・ブロックチェーン界隈では名が知れている会社ですので、ある程度信頼のおけるサービスだと言えるでしょう。

結論

というわけで、ステーキング・レンディングサービス
ビットコイン、イーサリアム
FTX Earnビットレンディング
ステーブルコイン(USDT、USDC等)
BybitビットレンディングBinance 
が現時点は最強の組み合わせです。

FTX Earnを始めるには、FTX Japanでの口座開設が必要です。

\取引開始まで最短5分!/
FTX Japanで無料口座開設

FTX Earnの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています↓
ステーキング FTX Earnの始め方・やり方【仕組みやデメリットも徹底解説】

ビットレンディングを始めるにはこちらから↓

\国内最高利率8%でビットコインが増える/
ビットレンディングに無料登録

ビットレンディングの始め方は、こちらの記事で詳しく解説しています↓

【国内最高年利8%】Bitlendingの始め方【登録方法を徹底解説】

Bybitを始めるにはこちらから↓

\最大12%の利率でステーブルコインが増える/
無料でBybitに口座開設するにはこちら

Bybitの口座開設方法はこちらの記事でまとめています。

【スマホで登録】Bybit(バイビット)の口座開設方法【超初心者向けに徹底解説】

まとめ

本記事の内容

この記事でわかること

レンディング・ステーキングとは
レンディング・ステーキングのサービスを選ぶ際に大事なポイント
国内外のレンディング・ステーキングサービスおすすめ3つ
レンディング・ステーキングサービスの始め方・やり方

今回おすすめしたサービスは個別ページでもご紹介していますので、もっと詳しく知りたい人は是非チェックしてみてください。

 

コメント

  1. ロクマ より:

    こすりーさんこんにちは。
    Twitterのアカウントって消してるんですか?
    フォローしようと思って、プロフの下の鳥マーク押したら「アカウントなし」で表示されるので・・・

    • こすりー こすりー より:

      コメントいただき、ありがとうございます!
      Twitterアカウントへのリンクが古いままになっていたようです_(._.)_大変失礼いたしました。
      リンクを更新しましたので、是非フォローいただけると嬉しいです!
      今後ともよろしくお願いいたします。