ドライブゼット(DriveZ)の買い方・稼ぎ方|アプリ始め方【仮想通貨NFT】

NFT

 

 

最近話題のDrive to Earnである「DriveZ(ドライブゼット)」はどう?

本当に運転するだけで稼げるの?始め方や将来性が知りたい。

 

 

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

今回は、そんな方に向けて、NEXTステップンの呼び声も高いアプリ「DriveZ(ドライブゼット)」の稼ぎ方・将来性を解説していきます。
この記事を読めば、今まで仮想通貨を触れたことがない人でも、簡単にDriveZ(ドライブゼット)を始められます。

本記事の信頼性

 

普段はNFT関連の企業で働いています。
自分でも仮想通貨を購入し、STEPNをはじめMove-To-Earn(M2E)で毎日コツコツ稼いでます!
管理人プロフィールはこちら

 

後ほど出てきますが、XRP(リップル)を購入するのであれば
国内取引所はビットフライヤーで口座開設しときましょう。
理由は明確で、以下2点になります。

ビットフライヤーのメリット

・XRPが「取引所」で売買でき、手数料が安く済む
(コインチェックは「販売所」のみで手数料=スプレッドが高い)
・XRPの送金手数料が無料
(コインチェックは0.15XRPかかる)

販売所取引所送金手数料
ビットフライヤー無料
コインチェック0.15 XRP

XRP(リップル)を取引するなら、ビットフライヤーと覚えておいてください。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設がまだの方はこちら↓

\いますぐ口座開設して、効率よくXRPを現金化しよう/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら
 

ドライブゼット(DriveZ)とは?

ゲーム名DriveZ(ドライブゼット)
公式サイトDriveZ公式サイト
ブロックチェーンBSC
ゲーム内通貨DRIV・INCO
対応機種iPhone・android
対応言語英語

ドライブゼット(DriveZ)ベトナム発のDrive-To-Earnプロジェクトになります。

BSCチェーン(バイナンス)を利用して開発されており、クルマはもちろん、電車での移動などでも仮想通貨を稼ぐことができます。INCOがSTEPNで言うところのGSTになり、NFTカーの修理、ガス代(手数料)支払いに使用できます。

とても話題性もあるプロジェクトなので、Move-To-Earnに次ぐ新しトレンド「Drive-to-Earn(運転して稼ぐ)」を探している人には、おすすめです。

より詳しく知りたい方は、こちらの【仮想通貨エクスプレスch】さんの動画がわかりやすいです。

ドライブゼット(DriveZ)の特徴

特徴を簡単にまとめてみました。

ブロックチェーンはBSCを採用

DriveZはバイナンススマートチェーン(BSC)を使用して開発されています。

BSCは海外大手取引所バイナンスのブロックチェーンであり、低コスト・高速処理のチェーンとNFTユーザーからの評価も非常に高いのが特徴。

2種類の独自トークンを採用

ドライブゼット(DriveZ)は2種類のトークンを採用しています。

トークン内容利用用途発行量
DRIVクルマの購入
特別なパーツの購入
クルマのアップグレード
(レベル上げ)
クルマのトレード
ガバナンス(運営への投票)
1,000,000,000に設定
INCOガス代支払い
車の修理
NFT取引
無制限に発行

STEPNに例えると、DRIVはGST、INCOはGMTみたいな感じですね。

ドライブゼット(DriveZ)のクルマ車種

クルマの種類は大きく6種類。

  • Sedan
  • SUV
  • Hatchback
  • Pickup
  • MPV
  • SuperCar

クルマはゲーム内のマーケットプレイスで購入ができ、それぞれ稼ぎやすい速度・移動距離が指定されてます。

あとは、以下のようなゲーム内の機能はSTEPNとまったく同様です。
・レアリティ

・パーツ(レベル上げ)
・ブースター(STEPNで言う「ミステリーボックス」)
・ミラー(STEPNのミントと同様で、新しいクルマを生み出す)

あとはランド(土地)といって、他のNFTゲームのように土地を購入できるが2022年末に実装される予定です。そこにガソリンスタンドやガレージを作って、ガソリンの販売やクルマの修理で稼ぐことができます。その収益は、ガソリンスタンドのオーナーやガレージのオーナーに分配されます。


ドライブゼット(DriveZ)の将来性は?

DriveZはDrive-to-Earnの中でも、しっかり将来性を期待されているプロジェクトです。

理由は以下の3つです↓

・豪華のインフルエンサー・著名人が参加

・期待できる開発チーム

・明確なロードマップ

豪華な多数の企業と提携

DriveZは、多くのNFT/Defi関連のファンドやパートナーと提携しています。

特に気になるのは、注目のDeFiプラットフォームを提供するBSClaunch、DeFi市場向けの分散型BaaS(Blockchain-as-a-Service)ソリューションを提供するTrustFiなど。

電車・バスの移動でも稼げる

ドライブゼット(DriveZ)はゲーム内で稼ぐためにNFTのクルマを購入する必要がありますが、実際には、電車やバスなどの移動においてもしっかり稼ぐことができます。これまでのMove-To-Earnは歩く・走るが前提にありましたが、通勤中の車内でも稼ぐことができるのが、これまでMove-To-Earnより参入障壁は大きく下がるので、急激にユーザー画拡大する可能性はあると思います。

明確なロードマップ

ドライブゼット(DriveZ)はかなり具体的にロードマップが示されています。
2023年までのロードマップは以下のように計画されています。
詳細は公式サイトからご覧になれます。

シーズン内容
2022年~IDO&DEXへの上場
限定NFTのプレゼント
公開βテスト(iOS&Android)
アプリ内にマーケットプレイスとウォレットがローンチ
ステーキングイベント
Land(土地)スタート
マルチチェーン開始
レンタル開始
2023年~バイク、自電車も適応開始
自動車メーカーやアーティストとのコラボ
DAppによるチェーンウォレット導入

レンタル開始やトークンの上場なども近々予定しており、期待が膨らみますよね。

【比較】ドライブゼット(DriveZ)✕STEPN(ステップン)

DriveZ(ドライブZ)とSTEPN(ステップン)の違いをまとめてみました。

DriveZ(ドライブZ)STEPN(ステップン)
初期費用無料
2台のNFTカーを無料提供。
約10~20万円(ローンチ当時)
稼ぎ方クルマ・電車・バスの移動で稼ぐ
(自分が運転する必要はない)
基本は一人で歩く・走ることで稼ぐ
仮想通貨DRIV・INCOGST・GMT
ブロックチェーンBSCSolana、BSC、イーサリアム

DriveZもMove-To-Earnゲームですが、STEPNをはじめこれまでのM2Eは歩く・走ることを前提としたゲーム設計になっていたのに対し、DriveZはクルマ・電車・バスのような移動でもあれば稼ぐことができます。詳細は不明ですが、ゆくゆくはバイクや自転車に乗っていても稼げるようになるようなので、ユーザー数は急拡大し、ゲームの認知度も向上していくことが期待されますね。
あとは、DriveZを楽しむのに必要なNFTカーも無料で提供されるので、STEPNと比べると初期参入がしやすいのも大きな特徴です。

ドライブゼット(DriveZ)の始め方

それでは、DriveZ(ドライブZ)の始め方を解説していきます。

始め方の手順

①国内の仮想通貨取引所で口座開設(おすすめはビットフライヤー)
②海外の仮想通貨取引所で口座開設(おすすめはBybit)
③ビットフライヤーに日本円を入金
④日本円でXRP(リップル)を購入
⑤XRPをビットフライヤーからBybitに送金
⑥BybitでXRPでUSDTを購入
⑦BybitでUSDTでDRIVを購入
⑧メタマスク(MetaMask)をインストール
⑨メタマスク(MetaMask)にDRIVを送金
⑩DriveZ(ドライブZ)のアプリをインストール

残念ながら、DriveZに必要な仮想通貨DRIVは、国内の仮想通貨取引所ではまだ取り扱いがないため、送金手数料が安いXRP(リップル)を国内取引所で購入し海外取引所へ送金。
そしてXRPをUSDT⇒DRIVに交換するのがおすすめです
それでは、順番に解説していきます。

国内の仮想通貨取引所で口座開設

まずは、国内取引所で口座開設をしておきましょう。
国内取引所では、いつもはコインチェックをご案内していますが、今回はビットフライヤーをおすすめします。
理由は明確で、以下2点になります。

ビットフライヤーのメリット(コインチェックとの比較)

・XRPが「取引所」で売買でき、手数料が安く済む
(コインチェックは「販売所」のみで手数料=スプレッドが高い)
・XRPの送金手数料が無料
(コインチェックは0.15XRPかかる)

販売所取引所送金手数料
ビットフライヤー無料
コインチェック0.15 XRP

XRP(リップル)を取引するなら、ビットフライヤーと覚えておいてください。

>ビットフライヤー公式サイト

\いますぐ口座開設して、効率よくXRPを現金化しよう/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

ビットフライヤーの口座開設方法はこちらの記事を参考にしてください↓
超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【完全無料・スマホ登録】

海外の仮想通貨取引所で口座開設(おすすめはBybit)

仮想通貨USDTを購入できる海外取引所はBinance(バイナンス)をはじめ多くありますが、

個人的には、Bybitがおすすめです。
理由は以下になります。
・入金/出金手数料が無料(Binanceでも出金手数料がかかります)
日本語サポートが充実(実際に日本人利用者も多く、ネット上の情報も豊富)
・安定した取引量(世界最大手の仮想通貨取引所)
・注文画面やアプリ操作が初心者にもわかりやすい

サイトにはこちらから飛べます↓そして「会員登録」をタップ。
>>Bybit公式サイト

Bybitの口座開設方法はこちらの記事でまとめています↓
【スマホで登録】Bybit(バイビット)の口座開設方法【超初心者向けに徹底解説】

「ビットフライヤーへの日本円入金」から「BybitでのDRIV購入」まで

口座開設が完了したら、いよいよ仮想通貨を購入していきます。

ビットフライヤーへの日本円入金からDRIV購入までの流れは、以下の記事で詳しく解説しています。

メタマスク(MetaMask)をインストール

メタマスクの登録方法はこちらの記事を参考にしてください。

メタマスク(MetaMask)にDRIVを送金

Bybit(バイビット)からメタマスクへのDRIVの送金方法はこちらの記事を参考にしてください。
※BNBをDRIVに置き換えていただければOKです

DriveZ(ドライブゼット)のアプリをインストール

メタマスクへの送金が完了したら、ドライブゼットのアプリをインストールしておきましょう。ゲーム内のウォレットとマーケットプレイスでNFTカーが購入できます。インストールはこちら↓

DRIVEZ

DRIVEZ

META88 PTE. LTD.無料posted withアプリーチ

FAQ よくある質問

  1. DriveZ(ドライブZ)はすでに正式リリースされていますか?
  2. DriveZ(ドライブZ)の購入方法は?
  3. DriveZ(ドライブZ)のレベル上げの方法は?

①DriveZ(ドライブZ)はすでに正式リリースされていますか?

2022年8月1日にbybitに仮想通貨Drivが上場しています。

今後の詳しい情報は、DiscordのDriveZコミュニティで確認してみましょう。

②NFTの購入方法は?

ゲームアプリ内にあるマーケットプレイスにて購入できます。通貨はDRIVになります。「パーツ」「ブースター」「ミラー」等はすでに販売されていますが、「車体」の販売開始時期は未定。

③レベル上げの方法は?

STEPNのように「LEVEL UP」のボタンは用意されていません。
走行距離が溜まってくると勝手にレベルアップしていきます。


まとめ

今回は「ドライブゼット(DriveZ)」の特徴、始め方などについて解説しました。

目次

ドライブゼット(DriveZ)とは?
②ドライブゼット(DriveZ)の特徴
③ドライブゼット(DriveZ)の将来性は?
④【比較】ドライブゼット(DriveZ)✕STEPN(ステップン)
⑤ドライブゼット(DriveZ)の始め方

結論、DriveZはとっても将来性が期待できるNFTゲームだと思います。
Drive to Earnのトレンドに乗り、第2のSTEPNになる可能性もあります。

DriveZはまだまだこれからのゲームなので、初期段階で参入することで多くの先行者メリットを得やすくなるのは確かです。

DriveZのようなNFTゲームをプレイするには仮想通貨取引所の口座が必須となります。

いざというときに必要な仮想通貨をスムーズに使えるようにしておくためにも、今のうちに口座開設を済ませておきましょう。

繰り返しになりますが、海外取引所に送金する際は、送金手数料無料のXRP(リップル)に交換するのがおすすめ。そしてXRP(リップル)を買うなら、やはりビットフライヤーがお得です。

ビットフライヤーのメリット(コインチェックとの比較)

・XRPが「取引所」で売買でき、手数料が安く済む
(コインチェックは「販売所」のみで手数料=スプレッドが高い)
・XRPの送金手数料が無料
(コインチェックは0.15XRPかかる)

>ビットフライヤー公式サイト

\いますぐ口座開設して、効率よくXRPを現金化しよう/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

ビットフライヤーの口座開設方法はこちらの記事を参考にしてください↓
超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【完全無料・スマホ登録】

そして海外取引所のおすすめは、Bybitです。
・入金/出金手数料が無料(Binanceでも出金手数料がかかります)
日本語サポートが充実(実際に日本人利用者も多く、ネット上の情報も豊富)
・安定した取引量(世界最大手の仮想通貨取引所)
・注文画面やアプリ操作が初心者にもわかりやすい

そして海外取引所のおすすめは、Bybitです。
・入金/出金手数料が無料(Binanceでも出金手数料がかかります)
・日本語サポートが充実(実際に日本人利用者も多く、ネット上の情報も豊富)
・安定した取引量(世界最大手の仮想通貨取引所)
・注文画面やアプリ操作が初心者にもわかりやすい

Bybit(バイビット)の口座開設がまだの方はこちら↓

>>Bybit公式サイト

\ かんたん登録で、仮想通貨GSTが購入できる/
Bybitで無料口座開設するにはこちら
 

 

Bybitの口座開設方法はこちらの記事でまとめています↓
【スマホで登録】Bybit(バイビット)の口座開設方法【超初心者向けに徹底解説】

コメント