【いつから】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方・稼ぎ方・やり方【怪しい?】

NFT

 

 

「スウェットコイン(Sweatcoin)」のやり方・始め方が知りたい!

 

 

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・Sweatcoinで稼いだコインや仮想通貨を日本円で出金する方法がわかる。
・これまで貯めたコインが消えないように登録方法を確認できる。
・仮想通貨取引所の口座開設含め、日本円に出金するために必要な準備がわかる。

Sweatcoin(スウェットコイン)は2022年9月12日に上場し、
アプリ内で貯めたコイン(SWC)と同じ数量の仮想通貨(SWEAT)が配布され、日本円にも換金できるようになりました。
本記事では、その登録の確認手順から実際の出金方法まで丁寧に解説していきます。

本記事の信頼性
 

普段はNFT関連の企業で働いています。最近STEPNと併用してSweatcoin(スウェットコイン)を起動して、毎日ジョギングしてます!
管理人プロフィールはこちら

NFTアプリを始めるなら、まずはビットフライヤーで口座開設方法しときましょう。

>ビットフライヤー公式サイト

\かんたん登録で、Sweatcoinをゲットしよう!/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

まず簡単に、Sweatcoinの概要を説明します。

Sweatcoin(スウェットコイン)とは?

まずは無料で「Move-to-Earn(体を動かして稼ぐ)」で体感してみたい人には、おすすめです

スウェットコインの特徴
  1. 完全無料で稼げるSTEPNのような多額の初期費用が不要
  2. 世界中で約6,400万人のユーザーがいる人気アプリ(2016年にイギリスでローンチ)
  3. 現在は稼いだSWCでアプリ内の商品とのみ交換可能
  4. 2022年夏に上場予定で、現金化できるようになる価格が高騰する可能性も高い
  5. 1日に最大9.5SWCまで稼げる(歩ける上限は1万歩/日まで)

仮想通貨SWEATが2022年9月12日に上場

最近改めて話題になっているのには理由があって、関連の仮想通貨SWEATが9月12日に上場したため、Sweatcoinアプリ内で稼いだSWCを仮想通貨に現金化できるようになりました。

STEPNのように上場後に通貨の価格が高騰すれば爆益も狙えますね。

SWEATがSTEPNのように爆上げするかはわかりませんが、数あるMove-To-Earnアプリの中でもSweatcoinが一番ポテンシャルを秘めているのは確か。
・完全無料の稼げるMove to Earnアプリ
・圧倒的なユーザー数(STEPNの約60倍)

といった点から、とても期待ができます。

これまで貯めたコインを換金方法をこちらの記事でまとめています↓

Sweatcoin(スウェットコイン)は怪しい?【正解:怪しくない】

無料で稼げるって、怪しくない?本当に大丈夫?

最初に結論を言っちゃいますと、怪しくないです。笑
Sweatcoin(スウェットコイン)は、今後のMove-to-Earnの中でも、しっかり将来性を期待されているプロジェクトです。

理由は以下の3つです↓

  • 名立たるベンチャーキャピタル(VC)から出資を受けている
  • 2016年にスタートし、世界中に約6,400万人のユーザーがいる人気アプリ
  • 仮想通貨の取引所上場が決定している(市場からの成長期待)

名立たるベンチャーキャピタル(VC)から出資を受けている

Sweatcoin(スウェットコイン)にはTerra創業者をはじめ錚々たるVCファンドが出資者として顔を揃えています。「OKEx Blockdream Ventures」は親会社がOKXという大手の仮想通貨取引所です。

仮想通貨SWEATもOKXに上場する可能性が高いので、OKXの口座を持っていない方は、今のうちに開設しておくことをおすすめします。

2016年にスタートし、世界中に約6,400万人のユーザーがいる人気アプリ

最近では、STEPNの二番煎じ的なプロジェクトが増え、その中には詐欺的なプロジェクトも出てきています。一方、Sweatcoinは2016年でイギリス発のアプリとしてローンチし、サービス開始してすでに5年以上が経ち、ヨーロッパを中心にすでに世界中に約6,400万人のユーザーがいます。

それだけで、STEPNに便乗したぽっと出のプロジェクトではないことがわかります。

しかもApp StoreやGoogle Playでのアプリ評価も非常に高く、約20カ国でアプリランキングNo.1を記録しています!

仮想通貨の取引所上場が決定(市場からの成長期待)

2022年9月12日に仮想通貨SWEATの上場し、市場からの期待が高いことが伺えます。

STEPNのように、上場後にその価値が高騰する可能性が大いにあるので、先行者メリットを享受したいのなら、今すぐ始めましょう!

【比較】Sweatcoin(スウェットコイン)✕STEPN(ステップン)

Sweatcoin(スウェットコイン)とSTEPN(ステップン)の違いをまとめてみました。

Sweatcoin(スウェットコイン)STEPN(ステップン)
利用方法アプリをダウンロードすれば
だれでもPLAY可能
招待制(招待コードが必要)
初期費用O円約10~20万円
ランニングコスト手数料ほぼなし(稼いだSWCの0.5%)シューズのメンテ・レベル上げが必須
ユーザー数約 6,400万人約 100万人
歩数の計測方法バックグラウンドで勝手に歩数を計測毎回STARTボタンを押す必要あり
仮想通貨SWEAT(2022年夏上場GST

Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方

それでは、Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方を解説していきます。

始め方の手順

①アプリのインストール
②ウォレットの作成
③国内の仮想通貨取引所を開設

アプリのインストール

iphoneの場合は、App Storeで「Sweatcoin」で検索。
下記画面からダウンロードが完了したら、「開く」をタップ

下の画面になったら、「Appleでサインナップ」をタップ
Apple IDで登録する場合、次の画面で指紋認証などでログインできます。

ログインが完了したら、↓下のような画面になるので、「モーションとフィットネスを許可」をタップ

すると↓下のような画面になるので、「OK」をタップ

次に「HealthKitを有効にする」をタップ

データのアクセスの画面になり、ヘルスケアが表示されます。
「すべてオンにする」をタップ。
すると、”Sweatcoin”の読み出しを許可の「歩数」もオンに切り替わります。

そしたら、「許可」をタップ

、毎回お知らせが来るとウザイ!という人は、「興味ありません」をタップ

(後で設定も変更できます)

↓下のような画面が出れば、インストールは完了です!おつかれさまでした。

ウォレットの作成

インストールが完了したら、ウォレットを作成していきます。
ウォレットは仮想通貨のSWEATを受け取るために必要になるので、今のうちに準備しておきましょう。

Sweatcoinのホーム画面を開いて少し下にスクロールします。

「Sign up to claim」をタップします。


「Learn more」をタップします。


「NEXT」をタップ。

ここから後2回「NEXT」をタップします。

これで最後です。「NEXT」をタップ。

すると、下のような画面になるので「Get your wallet」をタップ。


メールアドレスを入力し、規約にレ点を入れて「Send me the code」をタップ


「I understand 」をタップします。

登録したメールアドレスに6桁のアクティベーションコードが記載されています。


アプリに戻り、その数字を赤枠部分に入力。

下記のような画面になれば、ウォレット作成は完了です。
おつかれさまでした!

Sweat Walletアプリの連携

先日Sweatcoinのウォレットアプリ「Sweat Wallet」がリリースされました。

Sweatcoinで獲得したSWEATを受け取るためには、Sweatcoinのアプリと「Sweat Wallet」を連携させておく必要があります。それでは順番に手順を解説していきます。

まずは、↓からSweat Walletのアプリをダウンロードしてください。

Sweat Wallet

Sweat Wallet

The Sweat Foundation Ltd無料posted withアプリーチ

アプリをインストールしたら、「Log in with sweatcon」をタップします。

「開く」をタップします。

「Approve login」をタップします。

「Let’s start」をタップします。

「Next」をタップします。

続いてこちらも「Next」をタップします。

「Notify me at launch」をタップします。
サービスがローンチしたタイミングでお知らせしてくれます。

「Open your wallet」をタップします。

このような画面が出れば、設定終了です。

仮想通貨SWEATを日本円に換金(出金)する方法

それではいよいよ、仮想通貨SWEATを換金する方法を解説していきます。
ちなみに、仮想通貨SWEATの上場先は、一旦以下5社に決まりました。


仮想通貨SWEATを日本円に換金するまでの流れは、以下になります。
国内取引所はビットフライヤー、海外取引所はBybitがおすすめ。

①仮想通貨SWEATをSweatWalletからBybitに送金
②BybitでSWEATをXRP(リップル)に交換
③XRPをBybitからビットフライヤーに送金
④ビットフライヤーXRPを売って日本円にする
⑤ビットフライヤーから銀行へ出金

国内の仮想通貨取引所で口座開設

まず仮想通貨SWEATを日本円に換金するには、国内取引所での口座開設が必要です。
国内取引所では、コインチェックビットフライヤーを普段から愛用してますが
今回は特にビットフライヤーがおすすめ。
理由は明確で以下2つ。

ビットフライヤーのメリット(コインチェックとの比較)

・XRPが「取引所」で売買でき、手数料が安く済む
(コインチェックは「販売所」のみで手数料=手数料がかなり割高)
・XRPの送金手数料が無料
(コインチェックは0.15XRPかかる)

販売所取引所
ビットフライヤー
コインチェック

XRP(リップル)を取引するなら、ビットフライヤーと覚えておいてください。

>ビットフライヤー公式サイト

\いますぐ口座開設して、効率よくXRPを現金化しよう/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

ビットフライヤーの口座開設方法はこちらの記事を参考にしてください↓

超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【完全無料・スマホ登録】

海外の仮想通貨取引所で口座開設

仮想通貨SWEATを受け取るために、海外取引所では、Bybitがおすすめです。
理由は以下3つ。
・世界有数の大手仮想通貨取引所(取引量も安定)

日本語サポートが手厚く日本人ユーザーの数も多い(圧倒的な知名度と安心感
・注文画面やアプリ操作が初心者にもわかりやすい

サイトにはこちらから飛べます↓そして「会員登録」をタップ。
>>Bybit公式サイト

Bybitの口座開設方法はこちらの記事でまとめています↓

【スマホで登録】Bybit(バイビット)の口座開設方法【超初心者向けに徹底解説】

口座開設ができたら、いよいよ日本円に換金していきます。

仮想通貨SWEATをSweatWalletからBybitに送金

Bybitのアプリを立ち上げて、画面下の「資産」をタップします。

「入金」をタップします。

このように仮想通貨の銘柄がズラッと出てきます。

「sweat」と検索すると仮想通貨SWEATが表示されるので、タップします。

「ERC20」「NEAR」とありますが、これはブロックチェーンの種類です。
Sweatcoinは「NEAR」を採用しているので、「NEAR」をタップし、
画面下の「アドレスをコピー」をタップします(画面上に「コピー成功」と出ればOK!)

「SweatWallet」のアプリを立ち上げ、「Transfer」をタップします。

@以降に先ほどコピーしたBybitのアドレスを貼りつけます。

「We found a wallet with this name」と表示されればOKです!
「Continue」をタップします。

赤枠部分に送金したい金額を入力し、「Continue」をタップします。
ちなみに送金手数料(Fee)はかかりません、素晴らしい!

「金額」を確認し、OKであれば、「Confirm and transfer」を右にスライドします。

この画面が出れば、送金完了です!

再びBybitのアプリに戻り、着金を確認します。「資産」⇒「現物」をタップします。

このようにSWEATが入金されていればOKです!おつかれさまでした<m(__)m>

日本円に換金するまでの流れ

①仮想通貨SWEATをSweatWalletからBybitに送金
②BybitでSWEATをXRP(リップル)に交換
③XRPをBybitからビットフライヤーに送金
④ビットフライヤーXRPを売って日本円にする
⑤ビットフライヤーから銀行へ出金

Bybitの仮想通貨SWEATを日本円に換金するまでの流れ(上記②~⑤)は下の記事を参考にしてください。UDSTをSWEATに置き換えれば、手順はまったく同様です。

Bybit(バイビット)のUSDT(テザー)を日本円に換金(出金)する方法

まとめ

この記事でわかること

・Sweatcoinで稼いだコインや仮想通貨を日本円で出金する方法
・これまで貯めたコインが消えないように登録方法
・仮想通貨SWEATを日本円に出金するために必要な準備

その他のMove-to-Earnにも興味がある方はこちら↓

コメント