OpenSeaのガス代とは?リアルタイムで現在いくらか見れるサイト|購入タイミングでの節約・計算方法【2023年最新】

NFT

OpenSeaのガス代について知りたい。現在いくらかかるの?
発生するタイミングや価格の確認方法、安くできる方法があったら教えてほしい!

こんな悩みにお答えします。

この記事でわかること

・OpenSeaのガス代とは?
・OpenSea 現在のガス代(直近1年での変化)
・OpenSeaのガス代はいくら?発生するタイミングは?
・OpenSeaのガス代を確認する方法
・OpenSeaのガス代を安くする方法

OpenSeaでNFT売買を始めるなら、「ガス代」についての理解は必須。
なぜなら、「ガス代=コスト」なのでいかに安くできるかで、手残りの利益が大きく変わってきます。


本記事では、2023年の最新動向をふまえ、OpenSeaでのガス代について、現在の相場から発生するタイミング、安くするコツまで、わかりやすく解説します

本記事の信頼性
 

NFTブロガー、NFTコレクター
2021年よりNFTの売買を開始し、Web3.0ライフを日々楽しんでいます。
管理人プロフィールはこちら

NFTをはじめるなら、国内仮想通貨取引所での口座開設が必須です。

重要な手数料の違い

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があり、結論「販売所」はメチャ損します。

販売所はスプレッド=手数料の上乗せが設定されており、取引所より3~5%高い
(30万円購入で、最大15,000円も損)

コインチェックは、NFT売買に必要なETH(イーサ)が「販売所」でしか買えないので
大損を避けるためにもビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設がまだの方はこちら↓

\無料10分で、今すぐNFTを始められる/
ビットフライヤーで口座開設する

NFTを始めるための流れを理解したい人は、「NFTの始め方」をご覧ください。

OpenSea(オープンシー)のガス代とは?

ガス代とは、一言で言うと、イーサリアムの「ネットワーク利用料」
イーサリアムのブロックチェーン「イーサリアムチェーン」を利用する際に発生します。

OpenSeaでは、主にイーサリアムチェーンを使ってNFTを売買するため、ユーザーはガス代を支払う必要があります。

需要によってこのガス代は変化します。次に計算方法を解説していきます。

OpenSea(オープンシー)のガス代計算方法

ガス代を算出する計算式は以下になります。

ガス代(ETH)
Gwei(ガス代の単位)×0.000000001ETH ×ガスリミット(ガスの上限)

取引量が増え、混雑してくると「Gwei」「ガスリミット」の数字が上がり、ガス代も高くなります。

Gwei:ガス代の単位。混雑状況や要求される処理速度によっても変動。
    1Gwei = 0.000000001ETHに相当

ガスリミット:取引に使用できるガスの最大量。OpenSeaの取引では、200,000~300,000必要

例えば、ガスリミットが 200,000 で、現在のガス代単価が 50 Gwei の場合、ガス代は次のようになります。

50Gwei ✖0.000000001ETH ✖200,000 = ガス代 0.01ETH

後ほどご紹介するリアルタイムのガス代を確認できるサイトもあるので、自分で計算できなくてもOK!なんとなく理解しておくぐらいで大丈夫ですよ。

OpenSea 現在のガス代(直近1年での変化)

NFTを取り巻く環境は変化が激しいのですm(__)m

2022年3つの大きな変化により、OpenSeaのガスが下がり、新規でも参入しやすくなってます

2022年での大きな変化

①イーサリアム(ETH)含め、仮想通貨の相場が大きく下がった
②イーサリアム(ETH)のMerge(マージ)影響でガス代が安くなった
③OpenSeaでは、NFT出品時のガス代が無料になった

順番に解説していきます。

イーサリアム(ETH)含め、仮想通貨の相場が大きく下がった

ご存じのとおり、2022年に入り仮想通貨の相場は大きく下がりました。

NFT売買に使用するイーサリアム(ETH)も同様。
2022年4月時点で1ETH=約40万円が、2023年1月時点で約16万円と半分以下まで下がってます。

イーサリアム(ETH)の価値は下がりましたが、以前より少額でNFTを始められる環境になってます。

2024年の半減期に向け、仮想通貨の価格は再び上がると言われてるので、参入するなら今がチャンスですね。

イーサリアムのMerge(マージ)の影響でガス代が安くなった

イーサリアムチェーンでは、2022年9月にMerge(マージ)と呼ばれる大きなアップデートがありました。

小難しい話は省略し、ざっくり言うと
イーサ(ETH)を生み出すにはガス代が必要なんですが、ガス代を大幅に削減できる新たな仕組みに変更されました。

その効果もあり、去年に比べガス代価格が低い水準で推移してます。

イーサリアムのガス代価格チャート(出典:Ethereum Gas Price Chart

OpenSeaでは、NFT出品時のガス代が無料になった(以前は初回のみ発生)

OpenSeaでは、NFT出品時のガス代が無料になった

以前OpenSeaは、初回出品時に高額なガス代が必要だったのですが、2022年6月から、完全無料で出品できるようになりました。

まえは、自分の作品を販売したいクリエイターは、ガス代がネックでNFTに挑戦できないという人も多かったんです。でも今は出品が完全無料になり、チャンスが広がってます!

といった感じで、ガス代を取り巻く環境は日々変化してます。
本記事のガス代価格は、執筆時点(2023年1月8日)のETH相場、ガス代から算出した概算になりますので、あらかじめご承知おきくださいm(__)m

OpenSeaのガス代はリアルタイムいくら?発生するタイミングは?

それでは、OpenSeaでの購入・出品・転売ごとにかかるガス代を解説していきます。

NFT購入にかかるガス代

記載する金額は、本記事執筆時点(2023年1月8日)のガス代から算出しています。

NFT購入にかかるガス代(手数料)

OpenSeaでは、NFTの「購入」にはガス代が発生します。
相場は0.02~0.05ETH(約300円~800円)です。

購入方法の詳細は、「NFTの始め方」をご覧ください。

NFT出品にかかるガス代

記載するガス代の金額は、本記事執筆時点(2023年1月8日)のガス代から算出しています。

NFT出品にかかるガス代(手数料)

OpenSeaでは、NFTの「出品」にはガス代は発生しません。
前述のとおり、以前は初回出品時に高額なガス代が必要だったんですが、2022年6月から完全無料で出品できるようになりました。

また作品のNFT化など制作工程においても特にガス代は発生しません。

その代わり、商品が売れた際に、2つの手数料が発生します。

売上手数料(販売額の2.5%)
0.06ETH(約1万円)のNFTが売れた場合
⇒0.0015ETH(約250円)

ロイヤリティ(販売額の最大10%)
0.06ETH(約1万円)のNFTが売れた場合
⇒0.006ETH(約1,000円)

※出品は完全無料

ロイヤリティは、転売されるたびにクリエイターにロイヤリティ(報酬)が入る仕組みです。OpenSeaでは、クリエイターが0%~10%のロイヤリティを設定できます。

ロイヤリティという仕組みは、新たな「クリエイターエコノミー(クリエイターの収入源)」として注目されています。

NFT転売にかかるガス代

記載する初期費用の金額は、本記事執筆時点(2023年1月8日)の相場、ガス代から算出しています。

NFT転売にかかるガス代(手数料)

NFT転売においても、ガス代が発生するのは「購入」のタイミングのみ。

出品は無料で、売れたときに売上手数料とロイヤリティが発生します。

仮に、0.03ETH(約5,000円)で購入したNFTを0.06ETH(1万円)で転売すると
(※購入に伴うガス代を0.005ETH、ロイヤリティを10%とした場合)

目安としては、ガス代(手数料込み)2,050円程度、利益は約2,950円になります。

売上1万円ー購入代金5千円ーガス代(手数料)2,050円=利益2,950円

発生するガス代(手数料)は以下になります。

①購入にかかるガス代
⇒0.02~0.05ETH(約300~800円)
②売上手数料(売却時)
0.06ETH(約1万円)のNFTが売れた場合
⇒0.0015ETH(約250円)
③ロイヤリティ(売却時)
0.06ETH(約1万円)のNFTが売れた場合
⇒0.006ETH(約1,000円)

※出品は完全無料

ロイヤリティは、転売されるたびにクリエイターにロイヤリティ(報酬)が入る仕組みです。OpenSeaでは、クリエイターが0%~10%のロイヤリティを設定できます。

ロイヤリティという仕組みは、新たな「クリエイターエコノミー(クリエイターの収入源)」として注目されています。

それでは次に、ガス代の価格を調べたいときに便利なサイトをご紹介します。

OpenSeaのガス代を見れるサイト

いくつかサイトがあるので、おすすめをご紹介します。

特徴リアルタイム過去トレンド
Ethereum Gas Charts・直近1週間の価格推移
・曜日毎・時間帯毎の価格(グラフ)
GAS NOW・4段階の処理速度毎のガス単価
・曜日毎・時間帯毎の価格(数字)
etherscan・3段階の処理速度毎の単価
・ガス単価✖処理時間
ethgasstationリアルタイムの混雑状況がわかる
・3段階の処理速度毎の単価
Ethereum Gas Price Ghart・24時間・7日・30日・最大の期間での価格推移
スクショできるボタン付き

リアルタイムのガス代(ETH)を見れるサイト

まずは、Ethereum Gas Price Ghartがおすすめ。直近24時間の推移がグラフ化されてます。

Ethereum Gas Price Ghart

赤枠のスクショボタンを押すと、グラフを簡単にサクッとキャプチャできます、超便利。

あとは「ethgasstation」が見やすいです。
リアルタイムの待機時間やガス使用率などが確認できます。

ethgasstation

過去のガス代(ETH)を見れるサイト

過去トレンドを確認したい場合は、Ethereum Gas Price Ghartがおすすめ。
最大期間」を選択すると、過去数年分の推移が見れます。

Ethereum Gas Price Ghart

またEthereum Gas Chartsのヒートマップを使うと、利用者が少ない曜日、時間帯がわかります。
あらかじめ確認しておくことで、ガス代を安く済ませられます。

Ethereum Gas Chartsのヒートマップ

↑のヒートマップから、日曜や平日午後の時間帯が空いていることがわかりますよね。
これでまずは、狙い目の日時・タイミングを定めるのがおすすめです。

OpenSeaガス代を節約・安くする方法

つぎにガス代を減らす方法を解説していきます。

ガス代が安い時間帯を狙う
【新機能】ガス代設定機能をつかう
③低速にする
④安いネットワークを使う

順番に解説していきます。

ガス代が安い時間帯を狙う【タイミングが重要】

NFTの購入や販売で発生するガス代(手数料)は、ブロックチェーンの混雑具合によって決まります。

そのため、ブロックチェーンを使う人が少ない時間帯を狙えば、ガス代(手数料)を安くおさえられます。

OpenSeaのガス代を確認する方法」でご説明したとおり、
リアルタイムのガス代は、Ethereum Gas Price Ghart、曜日・時間帯毎のトレンドはEthereum Gas Chartsが便利です。

【新機能】ガス代を自分で設定する

ガス代の希望価格を設定できる新規機能ができました。
まだ設定をオンにしていない方は、 NFT購入の際にMetaMaskのポップアップ画面に以下の赤枠が表示されるのでタップします。

以下画面で「オフ」を「オン」切り替えます。

するとキツネの「市場」マークが表示されるようになるので、タップします。

「高度な設定」をタップします。

「最大基本手数料」「優先手数料」を直接入力し、OKであれば「保存」をタップします。

・最大基本手数料:「基本料金」+「優先手数料」 の合計
・優先手数料:トランザクションを処理してくれる人へのインセンティブ

金額を高めに設定しておくと、優先して処理をしてくれます。
先ほど調べたガス代の相場をふまえ、価格を設定しましょう。

低速にする

「ガス代を事前で設定する」が難易度高い人は、こちらがおすすめ。

キツネの「市場」マークをタップします。

「低」「市場」「積極的」から、処理速度を選択します。

当然、「低<市場<積極的」の順番でガス代は高くになります。
今回は節約のため「低」をタップします。

・低(low) : 処理30秒(ガス代 低い)
・市場(medium) : 処理30秒(ガス代 中)
・積極的(very high) : 処理15秒(ガス代 高い)

「低」と「積極的」でガス代は2倍近く違います。
自分は、急いで購入したいときは「積極的」、それ以外は「低」にしてます。

「確認」をタップすれば、設定完了です。

安いネットワークを使う

最後は、ガス代が安いネットワークを使う方法です。

OpenSeaでは、9つのブロックチェーン上にあるNFT作品を売買できます。

・Ethereum(イーサリアム)
・Polygon(ポリゴン)
・BNBチェーン
・Avalanche
・Klaytn(クレイトン)
・Optimism
・Arbitrum
・Arbitrum Nova
・Solana

おすすめはガス代が安く、ETHに次いで取扱量も多い「Polygon(ポリゴン)」です。
購入手順の詳細は、「MetaMaskにPolygonチェーンを追加・MATIC/WETHの入金・送金方法」をご覧ください。

FAQ よくある質問

Q
NFTアートを出品するのに必要なガス代は?制作や作品のNFT化にもガス代はかかる?
A

まとめ

目次

・OpenSeaのガス代とは?
・OpenSea 現在のガス代(直近1年での変化)
・OpenSeaのガス代はリアルタイムいくら?発生するタイミングは?
・OpenSeaのガス代を見れるサイト
・OpenSeaのガス代を節約・安くする方法

2023年の最新動向をふまえ、OpenSeaでのガス代について、現在の相場から発生するタイミング、安くするコツまで、解説しました。是非参考にしてみてください。

これからNFTを始める方は、あわせて「NFTの始め方」をご覧ください。

コメント