【NFT初心者向け】OpenSea(オープンシー)の始め方・買い方【売れない?・ガス代】

NFT

 

Openseaについて詳しく知りたい。他にもNFTマーケットプレイスはあるけどOpenSeaの何がいいの?あとは出品・購入方法も教えてほしい。

本記事の信頼性
 

NFT関連企業で働いていて、自分でもNFT作品を作ったり、売買したり勉強中です。
この記事を読めば、簡単にOpenSea(オープンシー)を始められますよ。
管理人プロフィールはこちら

本記事の内容

①OpenSeaがおすすめな理由
②OpenSeaの登録前に必要な準備
③OpenSeaの登録方法
④OpenSeaでのNFT購入方法

OpenSeaを利用するには、仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。

イーサリアム(ETH)を購入するなら、まずはコインチェックで口座開設しときましょう。

>>コインチェック公式サイト

コインチェックは口座開設無料で手続きもとっても簡単。詳しくはこちら↓

それでは、NFTマーケットプレイス「Opensea」について、解説していきますよー。

OpenSeaがおすすめな理由

OpenSeaは、2017年にスタートした世界最大のNFTマーケットプレイス。

私がOpenSeaをおすすめする理由は、以下4つ。

圧倒的な規模感(ユーザー数・取扱高)

ユーザー数の多さも圧倒的で、他のマーケットプレイスとはケタ違いの作品数、取引量。
Dune Analyticsのデータを見ても、現在も急激に成長を続けています。

NFT作品を無料で作れる

OpenSeaでは、初めて作品をNFT化するときに手数料(ガス代)を払えば、2回目以降は無料できます!

出品するたびにガス代が発生するマーケットプレイスもあるので注意してください!


ガス代については、こちらで詳しく解説しています↓

出品方法を選択できる

OpenSeaでは、以下2つの方法から出品できます。

  • 定額販売(メリカリのような固定価格)
  • オークション(ヤフオクのような入札形式)

最初は、まず定額販売からスタートすることをおすすめします
実績を作って、後々オークションに切り替えたりすることもできますよ。
オークションはある程度の知名度・実績があるクリエイターさんがほとんど。

ロイヤリティを設定できる

OpenSeaには「ロイヤリティ(Royalties)」があります。

ロイヤリティとは、二次流通で再販された場合、つまり作品の購入者がその後他の人に販売した場合に、クリエイターにも報酬が支払われる仕組みです。素晴らしい!

還元率も最大10%まで設定可能です。

それでは、OpenSeaを始めるために必要な準備を解説していきます!

OpenSeaの登録前に必要な準備

必要な準備

①コインチェックで口座開設
②コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入
③メタマスク(お財布)を作成、イーサリアムをメタマスクへ送金

なんか面倒くさそうーと思うかもですが笑、大丈夫!
実はとっても簡単なので、1つずつ解説していきます。

コインチェックで口座開設

イーサリアムを購入できる仮想通貨取引所であればどこでもOKですが、コインチェックが登録も簡単で、初めて仮想通貨を買う人にはおすすめです。
いざというときスグに始められるように、まずはコインチェックで口座開設しときましょう。

>>コインチェック公式サイト


スマホで簡単に口座開設できます!詳しくはこちら↓

口座開設できたら、実際に仮想通貨(イーサリアム)を購入してみましょう!

コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入

イーサリアムを購入する手順は主には下記になります。

イーサリアム(ETH)購入の流れ
  • 銀行口座からコインチェックに日本円を入金
  • コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入(「販売所」ではなく「取引所」での売買を推奨

詳しくはこちらの記事で解説してます↓

イーサリアムを購入できたら、メタマスクを登録します。

メタマスクを作成、イーサリアムをメタマスクへ送金

メタマスクは、OpenSeaを利用する際のお財布(ウォレット)として決済機能の役割を果たします。

メタマスク内に仮想通貨を入れておいて、NFTを購入・販売するときに利用します。

メタマスクへのイーサリアムの送金方法
  • メタマスクの登録
  • コインチェックからメタマスクへコインチェックを送金

詳しくはこちらの記事で解説してます↓

それでは、ついにOpenSeaのアカウント登録に進んでいきます!

メタマスクアプリのブラウザ機能を使うと簡単なので、メタマスクのアプリ上で進めていきます。

OpenSeaのアカウント登録

メタマスクのアプリを立ち上げて、「ブラウザー」をタップ

ブラウザー画面下の「+」をタップ

上のような画面になったら、「opensea」で検索

「OpenSea」の公式サイトをタップ

OpenSeaの公式サイトが表示されたら、右上メニューをタップ

「Account」をタップします。

「MetaMask」をタップ

「署名」をタップ。

これでメタマスクとOpenSeaの接続完了!
OpenSeaの会員登録もこれでオシマイ。意外と簡単ですよね。

次から、いよいよOpenSeaでNFTを買ったり売ったりする方法を解説します。

OpenSeaでのNFT購入方法

OpenSea公式サイトに飛んで、NFTを購入します。
>>OpenSea公式サイト

気になるNFTをタップします。

「カートに追加」をタップします。


「購入を完了する」をタップします。これで完了です!カンタンですよね。

まとめ

今回は、OpenSeaの始め方・使い方について解説しました。

本記事の内容

①OpenSeaがおすすめな理由
②OpenSeaの登録前に必要な準備
③OpenSeaの登録方法
④OpenSeaでのNFT購入方法

コメント