NFT GiveAway(ギブアウェイ)の受け取り方・参加方法・税金の注意点【2023年最新】

NFT

 

 

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)の参加方法を知りたい。
あとGiveAwayされたNFTの受け取り方も教えてほしい。

こんな悩みにお答えします。

本記事を読んでわかること

・NFT Airdrop(エアドロ)とは?
・NFT Airdrop(エアドロ)の参加方法
・NFT Airdrop(エアドロ)情報の探し方
・NFT Airdrop(エアドロ)の受け取り方(当選後の流れ)
・NFT Airdrop(エアドロ)の税金計算方法
・NFT Airdrop(エアドロ)の注意点
・NFT Airdrop(エアドロ)に関するQ&A

TwitterなどでNFTの情報を調べてるとGiveAway(ギブアウェイ)という言葉をよく耳にしますよね?

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは、NFTコレクションのPRを目的としたNFTの無料プレゼント企画。

本記事では、実際にGiveAway(ギブアウェイ)でNFTをゲットした経験のある筆者が、GiveAwayのやり方、受け取り方などをわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、NFTのGiveAway(ギブアウェイ)を理解できますので、是非最後までご覧ください。

本記事の信頼性
 

普段はNFT関連の企業で働いています。
自分でも仮想通貨・NFTを売買し、Web3.0ライフを日々楽しんでます。
管理人プロフィールはこちら

 

NFTをはじめるなら、国内仮想通貨取引所での口座開設が必須です。

重要な手数料の違い

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があり、結論「販売所」は大損します。

販売所はスプレッド=手数料の上乗せが設定されており、取引所より3~5%高い
(30万円購入で、最大15,000円も損)

コインチェックは、主な仮想通貨が「販売所」でしか買えないので
大損を避けるためにもビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設がまだの方はこちら↓

\無料10分で、今すぐNFTを始められる/
ビットフライヤーで口座開設する
 

NFT GiveAway(ギブアウェイ)とは?

NFT GiveAway(ギブアウェイ)とは?

NFTのGiveAway(ギブアウェイ)とは、NFTコレクションのPRを目的としたNFTの無料プレゼント企画。

ちなみに「Airdrop(エアドロップ・エアドロ)」もほぼ同じ意味で使用されます。

そもそもGiveAway(ギブアウェイ)は、プロジェクトの運営側もしくはNFTホルダーがSNSでの盛り上がりを作るためにマーケティング活動の一環として行うことが多く、いくつかの応募条件が課されます。

GiveAwayでNFTを受け取れる対象は、条件をクリアした人のうち「全員」と「抽選」の2パターンあります。人気プロジェクトは多数の応募が集まるため、抽選の場合は必ずしもNFTをゲットできるわけではないので注意が必要です。

それでは、GiveAway(ギブアウェイ)の参加方法について詳しく解説していきます。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の参加方法

GiveAway(ギブアウェイ)のお知らせは、Twitter公式アカウントもしくはDiscordコミュニティに掲載されることが多いです。

GiveAwayには、以下のような参加条件を課せられることが多いです。

①Twitterアカウントをフォロー
②Discordコミュニティに参加
③Telegramコミュニティに参加
④Discordコミュニティでロール獲得

順番に解説します。

Twitterアカウントをフォロー

必ず参加条件になるのは、公式Twitterアカウントのフォローです。
フォローに加えて、投稿への「リツイート(RT)」や「いいね♡」も条件になることもあります。

また同時にファウンダークリエイターなどプロジェクトメンバーのフォローも条件になることがあるので、しっかりと確認しましょう。

Discordコミュニティに参加

次が、Discord(ディスコード)コミュニティへの参加です。

Discordは、アメリカで誕生したゲーマー向けのコミュニティアプリ。

近年ではNFTをはじめ今後成長が約束されているWeb3.0の分野で、多くのユーザーがコミュニケ-ションツールとして活用しています。


Telegramコミュニティに参加

次が、Telegram(テレグラム)コミュニティへの参加です。

Telegram(テレグラム)は、LINEのようなメッセージアプリです。

特徴はシークレットチャットといってメッセージが暗号化されるため、運営側にさえやりとりの内容が見られることがありません。

一時期NFTプロジェクトの運営にも頻繁に利用され、GiveAwayの応募条件になることが多かったです。最近はDiscordがメインとなり、Telegramはサブ的な役割が多くなりました。

Discordコミュニティでロール獲得

Discord(ディスコード)のロール

Discordでは、ユーザーに「ロール(役割・権限)」が与えられます。

そして以下のように、特定のロールを持っていることがGiveAwayの参加条件になることがあります。

ただロールはコミュニティに参加しても自動的に付与されず、自分でロールを付ける必要があります。

詳しくは、「Discordロールの付け方・自分で確認する方法」をご覧ください。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)情報の探し方

次に、GiveAway(ギブアウェイ)情報の探し方について解説します。

自分が主に見ている情報は以下2つです。

・Twitter
・discord

順番に解説します。

Twitter

まずはTwitterです。調べる方法は以下3つ。

①「NFTGiveaway」などで検索
②コレクションの公式アカウントを見に行く
③インフルエンサーをフォローする

気になるNFTコレクションがあれば公式アカウントを見に行きましょう。
GiveAwayのお知らせが出てることがあります。

あとはGiveAway情報を日々発信してるインフルエンサーがいるので、フォローしておくと便利です。

おすすめは、以下の2人。

@nr_3588さん(海外プロジェクトに強く、最新のギブアウェイ情報が入手できる)
@akkey_nftlifeさん(国内NFTプロジェクトに詳しい。日本NFT情報局ファウンダー)

Discord

Discord内に、giveaway部屋があります。

Discordのgiveaway部屋

入室すると、このようなGiveAway情報が掲載されています。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の受け取り方(当選後の流れ)

当選した場合、NFTの受け取り方は以下の流れです。

①Twitterなどで当選発表
②DMでウォレットアドレスを伝える
③OpenSeaでNFTを確認

順番に解説します。

Twitterなどで当選発表

当選結果はこのようにTwitterなどで発表されます。

DMでウォレットアドレスを伝える

当選発表後に、運営側からDMが届きます。送付先のウォレットアドレスの確認です。

このように申請フォームの記入もしくは直接DMでウォレットアドレス伝える場合もあります。

申請フォームはこんな感じで、MetaMaskのウォレットアドレスなどを入力します。

ウォレットアドレスの確認は、MetaMaskを立ち上げ、↓ここをコピーしましょう。

OpenSeaでNFTを確認

OpenSeaサイトにアクセスし、GiveAwayで手に入れたNFTを以下手順で確認します。

Profile」⇒「More」⇒「Hidden(非公開)」で確認できます。

購入したNFTは「Collected」、GiveAwayで獲得したNFTは「Hidden(非公開)」に入ります。

OpenSeaでNFTを確認
OpenSeaでNFTを確認

NFTがあれば、受け取り完了です。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の税金計算方法

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の税金計算方法

GiveAwayされたNFTには税金が発生します。

貰ったタイミングでは0円なので税金は発生しませんが、その後5万円で売却したらその5万円に対して税金がかかります。

GiveAwayに当選した人は、売るときその差額分が課税対象になるので注意しましょう。

詳しくは「仮想通貨の税金対策」をご覧ください。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の注意点

NFT GiveAway(ギブアウェイ)の注意点

Twitterの詐欺アカウント

人気コレクションでは、Twitter上に偽アカウントが出現します。

一見ソックリなので見分けがつかないことがほとんどです。

GiveAway情報なども投稿されることもありますが、リンクを踏むとハッキングされる恐れがあるので、注意が必要です。

以下手順で確認していくことがおすすめです。

・主要メンバーがフォローしているアカウントであるかを確認
・ツイートを検索する(ほぼ投稿がない、RTばかりは要注意)
・フォロワー数が異常に少ない
・アカウントを検索する(本物と偽アカウントが両方表示される)

偽ミントサイト

人気プロジェクトでは、ほぼ確実に「 偽ミント サイト」が出現します。

必ず公式サイトもしくはDiscordコミュニティからミントサイトにアクセスしましょう。

シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)は教えちゃダメ

シークレットフレーズは教えちゃダメ

GiveAwaY当選後に伝えるのは、ウォレットアドレスのみです。

もしMetaMask(ウォレット)のシークレットフレーズや秘密鍵は訊かれても絶対に教えないでください。

ハッキングされウォレットの中身をすべて奪われる可能性があるので、注意しましょう。

知らない人からのDMは無視

知らない人からのDMは無視

GiveAwayで当選すると、見知らぬ人からTwitterのDMが届きますが、ほぼ100%詐欺です。

返信はGiveAway企画者のみで、基本無視でOKです。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)に関するQ&A

Q
Airdrop(エアドロ)とGiveAway(ギブアウェイ)はどう違い?
A

基本的に同じと考えて大丈夫です。無料でNFTやトークンなどをプレゼントする企画です。

Q
ウォレットアドレスの確認方法は?
A

MetaMaskを立ち上げ、赤枠部分をコピーしましょう。

Q
NFT GiveAway(ギブアウェイ)する際は、ガス代は発生しますか?
A

はい、発生します。現在の相場※は0.02~0.05ETH(約300円~800円)※2023年1月8日現在
詳しくは「OpenSeaのガス代とは・リアルタイムいくら?」をご覧ください。

Q
GiveAway(ギブアウェイ)したNFTは転売してもOK?
A

はい、大丈夫です。
転売する方法は、「NFT転売のやり方・利益を出すコツ」をご覧ください。

NFT GiveAway(ギブアウェイ)のまとめ

NFT

今回はNFT GiveAway(ギブアウェイ)の獲得方法、受け取り方などについて解説しました。

是非チャレンジして、初めてのNFTをゲットしましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

目次

GiveAway(ギブアウェイ)の参加方法
②GiveAway(ギブアウェイ)を獲得するメリット3つ
③GiveAway(ギブアウェイ)情報の探し方
④GiveAway(ギブアウェイ)の受け取り方(当選後の流れ)
⑤GiveAway(ギブアウェイ)の注意点
⑥GiveAway(ギブアウェイ)に関するQ&A

\無料10分で、今すぐNFTを始められる/
ビットフライヤーで口座開設する

コメント