NFT カバビレ(カバードピープル)の買い方・始め方【ヒオキン】

NFT

 

 

カバードピープルについて詳しく知りたい。
カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)NFTの購入方法を教えてほしい。

 

 

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

カバードピープル(COVERED PEOPLE)は、”世界一シュールハッピー系な世界観でNFT界を征服するコミュニティブランド”。


カバードピープル初のジェネラティブNFTとして「カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)」がリリースされました。

CNP・APPなど国内NFTプロジェクトが盛り上がってきてますが、その流れとは異質なプロジェクトとして筆者も注目してます!

普段からNFT・仮想通貨を運用している筆者が、カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)の買い方・将来性を解説していきます。この記事を読めば、今までNFTに触れたことがない人でも、簡単に「カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)」をゲットできます。

本記事の信頼性
 

普段はNFT関連の企業で働いています。
自分でも仮想通貨・NFTを売買し、Web3.0ライフを日々楽しんでいます。
管理人プロフィールはこちら

 

NFTをはじめるなら、国内仮想通貨取引所での口座開設が必須です。

重要な手数料の違い

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があり、結論「販売所」はメチャ損します。

販売所はスプレッド=手数料の上乗せが設定されており、取引所より3~5%高い
(30万円購入で、最大15,000円も損)

コインチェックは、主な仮想通貨が「販売所」でしか買えないので
大損を避けるためにもビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設がまだの方はこちら↓

\無料10分で、今すぐNFTを始められる/
ビットフライヤーで口座開設する
\口座開設5分で、いますぐNFTをはじめよう!/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

NFT カバビレ(COVERED PEOPLE)とは?

プロジェクト名カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)
公式サイト公式Web:https://coveredpeople.studio.site/
Twitter:https://twitter.com/coveredpeople
販売数3,333体
販売価格0.001ETH(プレセール:11月22日販売予定)
0.0012ETH(パブリックセール:11月23日販売予定)
二次流通https://opensea.io/collection/coverdpeople-collection

カバードピープル(COVERED PEOPLE)は、これまでもリリースすれば、即完売という人気のNFTコレクションで、「かぶりもの」をテーマとしたNFTプロジェクト。

カバーズ・公式姉妹コレクション一覧

今回のカバードビレッジ(COVERED VILLAGE)もパブリックセール当日にはOpenSea4位を記録し、3,333体完売した模様です。

NFT カバビレ(COVERED PEOPLE)の特徴

特徴を簡単にまとめてみました。

①ファウンダー hioking(ヒオキン)さん
②ジェネラティブNFT
③低価格で買いやすい

ヒオキンさん (ファウンダー)

hioking(ヒオキン)
プロフィール

NFTクリエイター(1ETH越えのコレクションを運営)
NFTコレクター(100点以上所有)
コミュニティ運営(有料コミュニティ15名所属)
メタバース開発者(SandBox開発中)
メディア運営(音声メディア/スタエフ・Twitter2000人)
広告代理店経営
マレーシア クアラルンプール在住
西野亮廣エンタメ研究所
・公式twitter @hioking2010
・hioking blog https://hioking.blog/
・stand.fm「NFT×海外移住ラジオ」

ファウンダーのヒオキンさんは、アラフォーで家族連れてマレーシアに移住し、広告代理店を経営しながらNFT事業にガチで取り組んでいる方です。stand.fmで「NFT×海外移住ラジオ」を毎日放送しているので、最新の情報はこちらで是非チェックしてみてください!

ジェネラティブNFT

カバードビレッジは、プログラムで自動生成される「ジェネラティブNFT」です。

「ジェネラティブNFT」の手法は、有名なNFTアートでも活用されています。
CryptoPunks(クリプトパンクス)が代表的な作品ですね。

CryptoPunks(クリプトパンクス)

低価格で買いやすい

価格は0.001ETHなので、約160円 (2022年11月23日時点)で購入可能です。

メジャーなNFTコレクションだと、フロア価格が0.2ETH(約3,000円)以上がほとんどなので、最初のNFT購入としてもおすすめです。

NFT カバビレ(COVERED PEOPLE)のホワイトリスト(WL)の獲得方法

「ホワイトリスト(WL)」は、簡単に言えば購入優先権です。ホワイトリストを獲得していれば、一般販売より早くお得な価格でNFTを購入することができます。

すでに、ホワイトリスト配布およびプレセールは終了しました。
あとはOpenSeaなどの二次流通で購入できるので、のちほど購入方法を解説します。

NFT カバビレ(COVERED PEOPLE)の将来性は?

カバードビレッジは将来性のあるプロジェクトです。

理由は以下の3つです↓

・「COVERED PEOPLE」の熱狂的なコミュニティ
・低価格スタート国産NFTのトレンド
・ヒオキンさんの熱量

「COVERED PEOPLE」の熱狂的なコミュニティ

Discordメンバーがアクティブに活動し、本家「COVERED PEOPLE」から派生した二次創作コレクションも多数存在しています。

低価格スタート国産NFTのトレンド

最近の国内NFTのトレンドは低価格スタート。
カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)も価格が0.001ETH(約220円:2022年10月26日時点)と非常に低価格であり、現在のCNPのように今後の爆益をだす可能性はあります。

CNPのフロア価格(ETH)

ヒオキンさんの熱量

ヒオキンさんは、「COVERED PEOPLE」のビジョンを次のように語っています。

尖ったエンタメを世の中に提示しながら『経済圏』と『生活圏』をつくる事

「COVERED PEOPLE」によって尖ったエンタメを提供しながら経済を回し、生活できる世界を実現することが、ヒオキンさんの想いです。

「COVERED PEOPLE」を立ち上げた経緯は、tochiさん @tochi1203 のVoicy「【NFTクリエイター取材回①】カバードピープル・ヒオキンさん」で熱く語られていますので、興味のある人は必聴です!

NFT カバビレ(COVERED PEOPLE)の購入方法

それでは、カバードビレッジの買い方を解説していきます。

始め方の手順

①国内の仮想通貨取引所で口座開設(おすすめはビットフライヤー)
②日本円でイーサリアム(ETH)を購入
③メタマスク(MetaMask)をインストール
④メタマスク(MetaMask)にイーサリアム(ETH)を送金
⑤OpenSeaでカバードビレッジを購入


それでは、順番に解説していきます。

国内の仮想通貨取引所で口座開設(おすすめはビットフライヤー)

NFTをはじめるなら、国内仮想通貨取引所での口座開設は必須です。
コインチェックビットフライヤーが国内最大手なので、どちらかを選んでおけばOK。
今回のようにXRP(リップル)の購入が必要な場合、ビットフライヤーがおススメです。
理由は明確です。

ビットフライヤーのメリット(コインチェックとの比較)

・イーサリアム(ETH)が「取引所」で売買でき、手数料が安く済む
(コインチェックは「販売所」のみで手数料=スプレッドが高い)

イーサリアム(ETH)を取引するなら、ビットフライヤーと覚えておいてください。

>ビットフライヤー公式サイト

\いますぐ口座開設して、NFTをはじめよう!/
ビットフライヤーで無料口座開設するにはこちら

ビットフライヤーの口座開設方法はこちらの記事を参考にしてください↓
超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【完全無料・スマホ登録】

日本円でイーサリアム(ETH)を購入

ビットフライヤーでの日本円入金、イーサリアムの購入方法はこちらを参考にしてください。

メタマスク(MetaMask)の登録・イーサリアム(ETH)を送金

メタマスクの登録方法、イーサリアム(ETH)の送金方法はこちらの記事を参考にしてください。

OpenSeaでNFT カバビレを購入

OpenSeaのCovered Villageページはこちら

NFTを購入する手順は「OpenSeaの始め方・買い方」をご覧ください。

まとめ

今回は話題の「カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)」の特徴、買い方などについて解説しました。

目次

カバードピープルとは?
②カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)の特徴
③カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)の将来性は?
④カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)の始め方
⑤まとめ

結論、「カバードビレッジ(COVERED VILLAGE)」はとっても期待できるNFTプロジェクトです。

まだまだこれからのNFTプロジェクトなので、初期段階で参入することで多くの先行者メリットを得やすくなるのは確か。

カバードビレッジのようなNFTを購入するには、仮想通貨取引所の口座が必須です。

重要な手数料の違い

仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」があり、結論「販売所」はメチャ損します。

販売所はスプレッド=手数料の上乗せが設定されており、取引所より3~5%高い
(30万円購入で、最大15,000円も損)

コインチェックは、主な仮想通貨が「販売所」でしか買えないので
大損を避けるためにもビットフライヤーの「取引所」を使いましょう!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設がまだの方はこちら↓

\無料10分で、今すぐNFTを始められる/
ビットフライヤーで口座開設する

ビットフライヤーの口座開設方法はこちらの記事を参考にしてください↓
超初心者向け】bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順【完全無料・スマホ登録】

また紫式部をモチーフとしたNFTプロジェクト「しきぶちゃん(Shikibu World)NFT」も是非チェックしてみましょう!

コメント